未来は君たちの手で作るのだ

未来のことなど誰にも分からないのだ

新型ティグアン プレビューフェアに行ってきました! その3 (Rライン エクステリア編)

新型ティグアン プレビューフェアに行ってきました! その1 (ハイライン エクステリア編) - 未来は君たちの手で作るのだ

新型ティグアン プレビューフェアに行ってきました! その2 (ハイライン インテリア編) - 未来は君たちの手で作るのだ

 

新型ティグアンのプレビューフェアその1、その2と、ハイラインのエクステリアとインテリア編をお届けしましたが、今日はもう一つのグレード、Rラインのエクステリア編をお届けします。

 

ちなみに、コンフォートラインは実物が見れませんでしたので、カタログやフォルクスワーゲンの公式サイトに掲載されたらご確認ください。

 

さて、早速いきましょう!

個人的に1年数ヶ月待った新型ティグアン。ハイラインもカッコいいのですが、Rラインはもっとカッコいい!!(個人の感想です)

 

 

というわけで。

 

 

 

 

 

お待たせしました!!

 

 

 

 

 

 

 

新型ティグアンRライン!!!

 

 

 

 

 

 

 

どどどーーん!!

f:id:kmfactory:20170114111508j:plain

 

 

おおおおお、カッコいい・・かっこよすぎるぜ・・・・。

ちなみにこの展示されていたRラインは、タングステンシルバーという色になります。想像していたよりもキラキラとしていて素敵な色でした。この色もカッコいいなぁ。

 

さて、サイドビューです。FRのオーバーハングが切り詰められているので非常にスッキリしています。また、サイドプレスのくぼみがボディラインに影を作っていることで、造形が際立ちます。ハイラインではブラックだったドアパネル下部もボディと同色になっています。リアドアもホイールアーチいっぱいまできているので、乗降は前後ともとてもしやすかったです。

f:id:kmfactory:20170114111519j:plain

 

 

次はリアビューです!!

基本的にはハイラインと変わりませんが、リアウインドウ上部のスポイラーが大きくなっていて、リアバンパーがRライン専用のものになっています。

写真ではちょうどウインカーが点灯していますね。後ほど載せますがフロントに比べると控えめなウインカーですが、ハイライン同様、リアランプはすべてLED化されています。

それとリアのバッジがTSIとTIGUANだけなんですね。BLUE MOTIONとかのバッジはつかないのかなぁ・・・・。

f:id:kmfactory:20170114111346j:plain

 

続いてはサイドミラーです。ここはハイラインと同じですね。下半分が黒いのも一緒。ミラーウインカーもLEDになってます。横から見ると綺麗に見えるんですが、前からみると若干光ってるのが分かりにくかったかなぁという印象でした。

それからゴルフヴァリアントに比べるとミラー自体も大きくなってましたので、運転席から見える景色も見やすくなっていました。

f:id:kmfactory:20170114111642j:plain

 

フロントフェンダーには、Rラインのバッジがキラリ☆

f:id:kmfactory:20161224113102j:plain

 

 

さて、もう一度フロントに戻ります。

フロントウインカーはこんな感じで大きめです。LEDなのでくっきりハッキリですね。まるでアウディみたい!MC後のゴルフ7はウインカーが前後ともに流れるようになったので、新型ティグアンも今後MCしたらウインカー流れるかもしれませんね。

f:id:kmfactory:20170114111217j:plain

 

フロントバンパーもRライン専用です。このピアノブラックのエアインテークが、またカッコいいんですよねぇ・・・・。ちなみに当然ですが、ボディカラーをブラックにすると、ここも黒なのでわかりづらくなっちゃいます。

そしてフォグランプも見えますね。

f:id:kmfactory:20170114111721j:plain

 

 

続いてはタイヤです。ハイラインの18インチより更に大きな19インチで、サイズは255/45/19です。この展示車にはピレリスコーピオンが装着されていました。SUVタイヤみたいです。タイヤの奥に手を突っ込んでみたんですが、255のサイズはサスペンション、いやバネまでギリギリまで来ていたので、サイズ的にはこれがいっぱいで、仮に20インチにしたとしても255以上は入らないんじゃないかなぁと思いました。

あ、スペーサーでツライチにすればもう少し攻められるかもしれませんね!

ちなみにブレーキサイズも大きい(ハイラインと一緒)ので、16インチは厳しいと思いますので、スタッドレスを探す方は余計な出費も覚悟したほうが良さそうです。

 

とはいったものの、発表時に履いていた20インチではないにしても、この19インチのホイールがカッコいいんですよ!!ちょっと逆反りっぽくなってて、例えるならばBMWみたいな感じ??ぜひ実物を見てください。色々なフォルクスワーゲン車の標準アルミをたくさん見てきましたが、一番かっこいいと思います。

f:id:kmfactory:20161224113051j:plain

 

 

さて、Rラインのエクステリア編最後は、ゴルフヴァリアントとの比較ショットです。

f:id:kmfactory:20161224120445j:plain

 

ちなみにサイズですがゴルフヴァリアントは、

 ・全長4,575mm
 ・全幅1,800mm
 ・全高1,485mm
 ・ホイールベース2,635mm
 ・最低地上高140mm
 ・車両重量1,380kg

です。

一方の新型ティグアンRラインですが、本国のサイトに掲載されていた情報によると、

 ・全長4,500mm(−75mm)
 ・全幅1,860mm(+60mm)
 ・全高1,675mm(+190mm)
 ・ホイールベース2,675mm(+40mm)
 ・最低地上高180mm(+40mm)
 ・車両重量1,540kg(+160kg)

という感じです。

↓の写真でみると、全幅が60mmという感じはしませんね。あんまり変わらないかなぁという印象です。

ただ、全高が190mm上がっているので、ボンネットの位置が高くなっているために、フロント周りのボリュームが一回り大きい印象を受けます。全長のマイナス分はラゲッジルームが縮んで、全高が上がった分、ラゲッジルームも縦に伸びたのでしょう。

車両重量は仕方ないですね。この重量がJC08の燃費にも影響するんだと思いますが、旧型ティグアンの1.4Lよりは燃費も良くなっているんですね。実燃費がどの程度まで伸びるのか、JC08モードの何割ぐらいなのかというところが気になります。

f:id:kmfactory:20161224120453j:plain

 

さて、残すところはRラインのインテイリア編ですね!
エクステリア編に続いてアップできるように更新しますので、少々お待ち下さい!