未来は君たちの手で作るのだ

未来のことなど誰にも分からないのだ

メルセデス・ベンツのGLCを見てきました!

フォルクスワーゲン車のことばかり書いてきたこのブログですが、実は、今の愛車ゴルフヴァリアントが3年目の車検かつ、残価設定ローンで購入していたので最後の支払月(つまり残価一括の支払いとなる)が迫ってきていました。

 

そこで、このゴルフヴァリアントの諸々の事情もあいまったもんですから、ゴルフヴァリアントをそのまま乗り続けるにしても、一度他の車を色々と見てみたいし、以前よりSUVがほしいなぁと思っていたということで、先日もブログに書きましたが、横浜で行われたSUVフェスタなどを見に行ってきたわけです。

 

ところがひょんなことからメルセデス・ベンツの方とお話する機会があり、ぜひGLC試乗しに来て下さいとお誘いいただいたので、早速見に行ってきました。

 

さて、紹介の仕方いつものフォルクスワーゲン車のように・・・

 

どどーーんっ!どうですか!メルセデスですよ!GLCですよ!!

f:id:kmfactory:20161105143644j:plain

 

お尻からもどどーんと!

f:id:kmfactory:20161105143649j:plain

 

前からはこんな感じ。試乗させていただいたのは、GLCの3つのグレードの中の1番上のグレード、「GLC 250 4MATIC Sports(本革仕様)」です。お値段なんと、、、税込み735万円ですよ!奥さん!目ン玉飛び出しそうなお値段です・・・(・o・) 

f:id:kmfactory:20161105143712j:plain

 

しかも、12万もするオプション「ランニングボード」(サイドステップのシルバーのやつ)もついているてんこ盛り仕様でした。

f:id:kmfactory:20161105143658j:plain

 

内装の方はこんな感じです。もうね、何がすごいって全部すごいんです。ダッシュボードに使わている素材の質感から何もかもすごい。さすがは超高級車です。伊達ではありません。

f:id:kmfactory:20161105145754j:plain

 

メーターはシンプル。中央のカラーモニターには様々な情報がきめ細かな画像で表示されます。このモニターは非常に見やすかったです。

ちなみにこのGLCにはシフトノブがありません。写真右下にちょっとだけ写っている、ウインカーレバーみたいなものがシフトノブで、それを下に押すとドライブ「D」に入ったり、先っちょについているボタンを押すとパーキング「P」に入ったりするので、なれるまでは不思議な感じですね。

f:id:kmfactory:20161105143730j:plain

 

ダッシュボードには、8.4インチワイドディスプレイのCOMAND Systemが鎮座しています。このディスプレイも非常に高精細で綺麗で見やすかったし、コマンドコントローラーもなれると、手元を見ないでも操作できるそうなので、使いやすそうでした。

f:id:kmfactory:20161105143914j:plain

 

ドアパネルには座席の形をした電動シート調整スイッチ、さらにはハイエンドオーディオメーカーの、Brumester製のスピーカーもあり、このオーディオシステムはなんと13スピーカーもついていたそうです。そりゃラジオもいい音に聴こえたわけです(^_^;)

さらに、ウインドウスイッチ一つとっても、プラスチックな安っぽさは一切なく、本当に高級品だなぁと思う作りに感心しました。

f:id:kmfactory:20161105143819j:plain

 

ここからの写真は別店舗で撮らせていただいたもので、こちらのグレードは、GLC 250 4MATIC Sportで本革ではない仕様です。

リアのラゲッジスペースも巨大でキレイに作られており、様々なものが積めそうです。ゴルフバッグは9インチだと横には積めないようです、ちなみに。もちろん、電動テールゲートもついていました。

f:id:kmfactory:20161113092745j:plain

 

こちらはリアシート。本革仕様だと全部本革シートになるんですが、普通のSportsグレードでは、シートの周りが革になっていて、中央の部分がファブクリックな素材になっているので、正直、本革仕様とそうじゃないのとあんまり変わらない感じですね。

ただ、上で紹介したBrumesterは本革仕様だけについてくるものなので、その辺で差別化をしているのでしょうね。

f:id:kmfactory:20161113092917j:plain

 

さて、早速試乗した感想ですが、このGLCは全長4660mm、全幅1890mmもあるなかなかの巨体です。外から見ていると「すっごいでっかい車だなぁ・・・」と感じてたんですが、いざ運転席に座って運転を始めてみると、その視点の高さもあるのか非常にコンパクトに感じて運転がしやすかったです。細い道や狭い駐車場はちょっと厳しいところはあるけれども、ゴルフヴァリアントから乗り換えてもそんなに大変な感じはしないというのが印象でした。

それから、9G-Tronicという9速ミッションを積んでいるので、町中でもスコスコとシフトアップしてくれるし、繋がりも非常にスムーズで変速ショックはほぼ分かりません。密閉性も非常に高く、窓を締めていると外の音も殆ど聞こえないんですが、エンジン音だけはウォォォと少し耳に入ってくるので運転しているぞ、という気分にしてくれます。

このGLCはCクラスのSUVなんですが、Cクラスよりも最初から安全装備などがほぼフル搭載されているので、特に何も付ける必要がないのです。安全装備の細かなところはメルセデスのHPをみてもらえればと思いますが、安全性に関してはさすがメルセデスと唸るばかりです。

 

正直、金額的なところを無視すれば、僕にとってある意味、今入手できる範囲かつ生活に支障がないSUVとしては最高レベルだと思います。

 

だがしかし、大事なのは金額(笑)

 

しょーじき、高すぎです(^_^;) 一般庶民の僕には到底手が届きません。

 

見積もいただきましたが、込み込みで780万円とかしていて、家か!みたいな印象でした。

 

まぁそれはさておいて、メルセデス自体、特にこれくらいの価格帯の車になるとやはりそれなりに年取ってからのほうがいいなぁと思いました。あと10歳年取ったときにまた改めてじっくりと検討してみたいなというのが感想です。

 

やはり車好きなら、「いつかはクラウン!」じゃなくて、「いつかはベンツ!」というのもありますし、応援しているF1ドライバールイス・ハミルトンなので、メルセデスは好きです(笑)

 

高い車はさすがに高いだけある、というのを楽しめた一日でした(^_^)