読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来は君たちの手で作るのだ

未来のことなど誰にも分からないのだ

New Passat Variant R-Lineを見てきました!

New Passat Variantアンバサダーとして30日間過ごして、最後の日に車を返却してきました。その詳細はでご覧ください(^_^)

passat.volkswagen.co.jp

 

さて、返却のためにいつものフォルクスワーゲン相模原橋本店に訪れたところ、なんとNew Passat Variant R-Lineが展示されているじゃないですか!(・o・)

どどどーーん!

f:id:kmfactory:20150906192529j:plain

 

30日間借りていたHighlineに比べると、なんともいかつい顔つきです。スポーティーといったほうがいいのかな。でも個人的にはフォグランプあたりのバンパーのデザインがこっちのほうが好きです。

f:id:kmfactory:20150906192535j:plain

 

タイヤとホイール。タイヤサイズはHighline純正17インチより1インチ大きい235/45/18でした。Highlineは225/55/17だったから乗り心地良かったけれど、この18インチの45扁平率はどうなんだろう?ゴツゴツした感じなのかな?ぜひ試乗してみたい。

f:id:kmfactory:20150906192545j:plain

 

アンバサダー号のクリムゾンレッドメタリックも良い色だったけれども、このホワイトもどうしてなかなか。いいじゃないですか。ただ、ホワイトは膨張して見えるので実際の車幅よりも大きく見えるかもしれないですね。

f:id:kmfactory:20150906192551j:plain

 

パッと見た感じ、リア周りに大きな変化はないようです。Rのバッジとかはついていないんですね。と、思ったら、

f:id:kmfactory:20150906192557j:plain

 

マフラー周りの処理が変わっていました。Highlineはマフラーは見えないようなドルフィンテールになっていましたが、R-Lineはダミーとはいえ、ダブル出しで出口がクローム処理されていてこれはこれでカッコいいですね!

f:id:kmfactory:20150906192601j:plain

 

 

室内ですが、この写真だけ見ると何のRかわかりませんね(笑)
ナパレザーの純正レザーシートだったHigelineに比べると、Rの文字、カーボン調っぽい仕上げがスポーティーな印象を与えます。

f:id:kmfactory:20150906192611j:plain

 

Highlineでは木目調だったパネルもシルバーのカーボン調に。

f:id:kmfactory:20150906192623j:plain

 

お値段はビックリの約500万円!!!!高いなぁ、手が届かない。

f:id:kmfactory:20150906192637j:plain

 

 

たまたまた2台が並んで展示されていたのでツーショット。
個人的にはNew Passatの車格からすると、紳士的に乗りこなすほうが車にあっているような気がするので、Highlineに一票です。R-Lineはだいぶヤンチャな印象がありますね。BWMのMとかAUDIのRシリーズあたりを狙っているのかも?しれないですが、エンジンにバリエーションがない(すべて一緒)ので、R-LineならぜひGTIクラスのエンジンを搭載してもらいたかったなと思いました。

f:id:kmfactory:20150906192645j:plain