読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来は君たちの手で作るのだ

未来のことなど誰にも分からないのだ

クロスポロに、ティグアンに、あのマーク入りタンブラー


ゴールデンウィーク明けからずっと忙しくてなかなか来ることができなかったんだけど車にちょっと気になることがあったので、今日は久しぶりにフォルクスワーゲン相模原橋本店へ行ってきました。




そしたら、フォルクスワーゲン相模原橋本店のカルピスプリンスお薦めのカルピスが、夏季限定で登場していました(^ム^)



さすがに「カルピスプリンスオススメ!」とかは書けなかったみたい・・・・(笑)





うちのゴルフヴァリアントの気になるところをチェックしてもらっている間、展示車両に加わっていた「クロスポロ」をジロジロと物色。
まずはインパネのメーター周りからですが、ここはパッと見ゴルフヴァリアントと同じですね。ガソリンメーターと水温計がアナログではなくてマルチファンクションインジケーターに統合されています。




ステアリングはパンチングレザータイプですね。個人的にはこっちのほうがスポーティーで好きです(^_^)



フロントシートにはCROSS POLOの刺繍も施されています。シートの感触はフォルクスワーゲンらしく、しっかりがっちりでもソフトなクッションが秀逸です。


アルミホイールは17インチです。。。。負けた。。。
クロスモデルなのにこの扁平率のタイヤはかっこいいですね。オフセットやリム幅の関係でゴルフヴァリアントには履けないかな。でも履けたらなかなか似合いそう!


ここで気になったのが、クロスポロのヘッドライトもポロGTIと同様にデイタイムドライビングライトが内蔵されたタイプに変更されていたんですね!フォルクスワーゲンの車は今やほとんどがこのタイプのヘッドライトに変わってます。こっちのほうが見た目もカッコイイからオススメですよ!




全体ですが、ベースのポロにオーバーフェンダーをかぶせてドアパネルなどが追加されてますが、基本的な骨格は変わっていないのでポロサイズの可愛いクロスモデルになっています。ルーフレールがシルバーなのがおしゃれですね。






荷室のサイズですがこればっかりは仕方ないですね。写真の状態でゴルフバッグ1つ積めるかなぁというぐらいの容量です。普段の買い物などには問題ない容量だけど、4人乗車でお出かけ!とかなると少し厳しいですね。



個人的にお気に入りなのは、リアのVWのマークでハッチの開閉ができるところ。これはゴルフ6も一緒。ヴァリアントにはない装備なので羨ましいです。。。




まだまだ作業が続いていたので私の物色も続きます。次は職場の同僚が気になっているフォルクスワーゲン ティグアンです。


むーーーーカッコイイ・・・。


ティグアンのヘッドライトにはまだデイタイムドライビングライトが搭載されていません。涙目のライトはひとつ前のパサートトゥアレグを彷彿させますが、デザイン的には一世代前になってしまいましたね。ただ、秋頃?にはフェイスリフトされた新型ティグアンが国内導入されるそうで、それには現行フォルクスワーゲンデザインらしいヘッドライトが搭載されていますので、気になる人はチェキラっちょですよ!



お値段は高いです。。。。ふと思ったけど、これなら新型パサートヴァリアントのコンフォートラインのほうが安いのね。。。。


リアのデザインもひとつ前のパサートに似ていますね。個人的にはパサートの丸いブレーキランプに丸いウインカーランプが好きだったんですが、これも秋頃のフェイスリフトと同様にリデザインされ、現行パサートトゥアレグのようになります。


荷室のサイズはしっかりと測ったわけではないですが、ゴルフヴァリアントのほうが奥行きがあるのでティグアンのほうが容量が小さく感じました。実際に数字で出したら違うのかもしれないですね。


続いて室内です。
メーター周りのデザインはゴルフヴァリアントと全く一緒です。

エアコンメーター周りのスイッチデザインも一緒です。このあたりはどの車種もだいだい共通化されているようですね。

ドライバーアイポイントですが、ヴァリアントに比べると全高があるため見渡せる感じはあり、開放感もいいですね。

シフトノブはひと足お先に新しいタイプになっています。これはゴルフ6、パサートなどと一緒ですが我が家のゴルフヴァリアントはひとつ前の形をしています。とはいいつつもこれから導入されるものはすべてこの形になるそうです。

となると、そろそろ部品ベースでシフトノブだけ購入とかできるのかな。そうなったらうちのも変更したいですねー。


灰皿が堂々と鎮座しているあたりが、デザインされた年代の差を感じますね。うちのヴァリアントにもついてましたが、ここは灰皿を外して小物スペースに変更しています。


あれ?サイドブレーキって最初からこの形だったっけ?と、思ってしまったこれはエレクトロニックパーキングブレーキといいまして、足踏みも手で引くサイドもなく、このボタンを押したり引いたりすることでサイドブレーキがかかるという代物です。我が家のヴァリアントは昔ながらの手で引くサイドブレーキです。




クロスポロとティグアンを物色して、カルピス飲んでたらあっという間に作業が終わりました!さっすが!


奥さんとショーケースの中にあったiPhone4ケースをみて、「これいいねー、ほしいねー」。




最後に記念品のフォルクスワーゲンロゴ入りのタンブラーをいただいてしまいました。
いつもいつもありがとうございます!>敏腕N氏。