未来は君たちの手で作るのだ

未来のことなど誰にも分からないのだ

週刊マクラーレンMP4-23組み立て〜その36

今日はムシムシとしていて晴れるでもなく、雨が降るでもなく非常に過ごしにくい一日でしたね、みなさんこんばんは!昨日の更新し忘れの35号に引き続き、今日の分36号を更新していきます(^_^)

今日は35号で作成したダンパーユニットに部品をさらに取り付け、さらにはすでに完成済みのギアボックスユニットにダンパーユニットを取り付けていっちゃうボリューム満点の更新です!




ダンパーユニットを組み立てる 2

・リアサスブラケット
・トーションバークランク・ライト(前)
・トーションバークランク・ライト(後)
・トーションバークランク・レフト(前)
・トーションバークランク・レフト(後)
・ローテーショナルダンパー
・リザーバータンク
・ヒンジシャフトブラケットx2
・トーションバークランクブラケットx2
・サードエレメントダンパークランク・レフト(前)
・サードエレメントダンパークランク・レフト(後)
・サードエレメントダンパークランク・ライト(前)
・サードエレメントダンパークランク・ライト(後)
・イナーシャダンパークランク・レフト(前)
・イナーシャダンパークランク・レフト(後)
・イナーシャダンパークランク・ライト(前)
・イナーシャダンパークランク・ライト(後)
・トーションバークランクシャフトx2


部品点数も相当です。見ているだけじゃどれがどれだかさっぱり分かりません。それなのに前だの後だのと指定があるのでじっくりとパーツを観察しながら組み立てていきます。




まずはトーションバークランクを組み立てます。この完成状態で17点ほどの部品が使われています。組み立てるときに無くさないよう注意しましょう!



さらに35号で作ったダンパーユニットにリザーバータンクなどを取り付けます。



さて、ここからは27号で組み立てておいたリアドライブユニットも久しぶりの登場です!そこにリアダンパーユニットの各部をリアドライブユニットにどんどん取り付けていきます。










ここでリアドライブユニットにダンパーユニット一式が組み込まれました!メカニカルなF1のリアサスペンション、リアドライブユニットの構造がよく分かりますね(^_^)
それにしても質感といい、写真で撮ると本当に良く出来てます、このスケールモデル。



最後に30号で保管しておいたエンジンカバーをエンジンに取り付けます。



これで36号の作業は全て終了です(^_^)
リアドライブユニット周りがほぼ完成したので、次号からはまた別のところへと移っていきます。



〜現在までの投資額 「63,540円」〜