未来は君たちの手で作るのだ

未来のことなど誰にも分からないのだ

GoogleReader

私は最近までSafariのブックマーク上にRSSを登録して、ブックマーク上に表示されるRSSの未読件数で色々なニュースサイトなどの更新記事をチェックしていたのだが、そのやり方だとどうしても外出先では確認ができないので仕事終了後、自宅に帰ってからRSS更新をチェックする→その分時間がかかるという状態だった。

以前、SafariRSS情報をOPML形式でエクスポートして、GoogleReaderにインポートして使ったことがあるんだけど、GoogleReaderの見た目と使い勝手が良くないのですぐにやめてしまった経緯があったが、自宅に帰ってからの時間ももったいないし、外出先でRSSのをチェックしたいと思い、思い切ってGoogleReaderにすべて移行することに決めた。

やり方としては

1. SafariRSSOPML形式でエクスポート
2. GoogleReaderにOPML形式をインポート

本来であればここまでで終わるはずなんだけど、OPML形式でエクスポートすると登録されたRSSSafari上でフォルダ分けされた親子すべてのフォルダ名の属性を持ってしまう。つまり、GoogleRreader上で見ると、「Apple」の中の「Mac」と「iPhone」にグループ分けしていたとしても、AというRSSは「Apple」「Mac」「iPhone」と3つのグループに属してしまうことになるのだ。

これをほとんど手作業で直さなくてはいけないのがすごくめんどくさいが、それさえ終わってしまえばGoogleReaderは快適である。なにより、iPhoneのアプリからチェック済みの情報も同期されることでSafariで見たときにきちんとチェック済みに移行していることが素晴らしい。

すべての更新記事をチェックすることもないので見たくないものは無視し、すべて既読にしてしまえば外出先でもどんどんチェックできるので非常に重宝する。

RSSSafariで確認して、iPhoneを持っている人はぜひこのやり方に移行してみてもらいたい。