未来は君たちの手で作るのだ

未来のことなど誰にも分からないのだ

iCalとGoogleカレンダーとiPhone

来月から仕事の環境がらっと変わるので、そうなったときに職場で支給されるWindowsPCからも仕事に関するスケジュールを入力できて、それをiCaliPhoneと同期できると便利だなーと思ってそのやり方を調べてみた。

参考にしたのは、「みかんの箱日記」さんの「GoogleカレンダーとiCalの同期」。

私の環境は、メインがMacBook Pro13インチ、自宅嫁用にiMac17インチ、職場がWindowsPCとなっていてMBPとiMacはMobileMeを通してiPhoneにも同期されている。でも職場ではWindowsをメインで使っているのと印刷関係でMBPが使えないのでWindowsのブラウザなどを通してスケジュールを入力→同期、予定を印刷などができると便利だなと思っていたのだが、ようやくそれができた。

iCalの書き出す.icsという拡張子のファイルはインターネットを通じてスケジュール情報をやり取りするための「iCalendar」と呼ばれるデータ形式で用いられる拡張子のことで、ファイルはそのままGoogleカレンダーにインポートできるものの同期がされない。加えて、iCalカレンダーを公開した際のURLをGoogleカレンダーに読み込ませるとカレンダーの内容が文字化けしてしまうのだ。ただ、その後iCal自体がCalDAVという形式にも対応したのでiCalの環境設定のアカウントでGoogleのアカウントを入れることができるようになった(?)。手順としてはみかんの箱日記さんを見てもらえればわかると思うので説明は割愛する。指示通りにアカウントを追加したところ、無事にiCalGoogleカレンダーはお互いに同期を始めた。

が、ここで問題。

今までiCal上でカテゴリ別に入力してきたイベントをGoogleカレンダーに同期できないのだ。なぜかというと、iCalGoogleカレンダー上を同期し合えるイベントは1つに限られていたようなのだ。(私がやった時点ではiCal側から登録できた1つはOKで複数のカレンダーにするとログインできないなどのエラーが発生。他の方法を知ってる方いたら教えてください)なので、今までのiCal上のカレンダー毎のイベントをGoogleカレンダーに持っていくための方法が分からずにつまずいてしまった。いろんなサイトを見たけど分からなかったので結局Googleカレンダー上には仕事関連の情報のみ共有するとして、今までiCal上で入力してきたイベント情報を一度.icsファイルに書き出して、Googleカレンダー用のアカウントカレンダーに読み込ませるという方法で文字化けなどもなく解決できた。他のイベントも同様にすれば追加することができるけど、色分けなどで区別していたのでそれがうまく適用できないっぽい。

その後はiPhone側でもGoogleカレンダーアカウントを追加することによってMobileMeとGoogleとアカウントをわけつつiCalを使用することに成功した。複数のMac、iPhone、ブラウザ上のGoogleカレンダーでも同期はばっちり。

これで来月からの仕事もはかどりそうだ。

・・・と、ながなが書いてみたものの後から読み返しながらGoogleカレンダーをいじっていると、どうやら新規カレンダーのところで、iCalの公開URLを入れてあげればなんかうまく同期してくれそうな感じもする。Googleカレンダー側で新しいカレンダーを登録していけば、アカウントを通じてiCal側にも反映されるのかなーとも思ったけど、もう家族のイベントや個人的なイベントをGoogleカレンダーで同期するのもなんかおっくうになったのと、元々Appleの提供するiTools→.mac→MobileMeを利用してきた私としてはいくら無料とはいうもののGoogleカレンダーにそこまで馴染めてないので、とりあえずこれでいいやという感じになった。

それにしてもMobileMeだけならいいんだけど、間に別のサービスを混ぜ込むと設定がめんどくさーい。