未来は君たちの手で作るのだ

未来のことなど誰にも分からないのだ

今回もダメでした

我が家は不妊治療をしなければ子供には恵まれない状況で、それがはっきりしたのが約3年ぐらい前で、それ以来、人工授精もやったし、顕微授精もやりました。

今年の2月〜3月にかけて1度目の顕微授精を失敗。
そして今回、6〜7月にかけて2度目の顕微授精をしましたが、失敗に終わりました。。。。

少ないながらも4個採卵して4個とも受精したけど、その後3個は分割が上手く進まなかったと聞いていたので、戻した1個の卵も駄目だろうなと覚悟はしていましたが、それでもがっくりと精神的に効きます。。。。

顕微授精は費用も高く、1回治療を行うだけでトータルで40万近い出費になります。それも2回だからかなりきつい。既に軽自動車なら一括で買えてしまうぐらいの金額を出費しています。そういうこともあって今回失敗したらしばらく治療を中止しようと話し合っていたので、予定通りしばらく治療を中止することにしました。

幸いなことにまだ妻の年齢が若く、1〜2年中止してもまだお金を貯めれば再チャレンジできるところが救いです。

が、この治療の場合、私のように男性側に問題があっても大変な苦労をするのが女性なので、手術を受けたりするその姿を何度も見なくてはならないのが非常に心苦しく、子供は欲しいけど、妻が被る精神的・肉体的な疲労を考えると次の治療もあきらめた方がいいのかもと思います。

そんな中、妻の妹が妊娠したり、私の友人の多くが妊娠・出産をしている状況を見ると、祝福してあげたい気持ちは一杯なのですが、手放しで喜べない自分がいてなかなか複雑な心境です。皆様ごめんなさい。。。

ひょっとしたらこの先ずっと、見ることも触ることもできない自分の子供のことを思うとちょっぴり寂しくなりますが、まずはこの2回の治療に文句も言わずがんばってくれた妻と一緒に旅行にでも行こうと思います。ワンコは連れて行けないけどね。

さて、どこいくかな〜。