未来は君たちの手で作るのだ

未来のことなど誰にも分からないのだ

Timbuk2 Commute2.0 Messenger

というわけで別に引っ張ったわけでもないですが、今回購入したのは、アメリカサンフランシスコ発のメッセンジャーバック、Timbuk2 Commute2.0 Messengerです。

R0015094

当初、日本の代理店から購入しようと思ったのですが、自分の日常での使い勝手等を色々と考えた結果代理店ではまだ取り扱ってなかったCommute2.0 Messengerに決めました。
本当は自転車通勤してる人には定番のClassic MessengerのSサイズかMサイズにしようと思ったのですが、ノートパソコンを持ち運ぶ身としてはインナーがついていない通常のClassic Messengerではちょっと頼りなく、さらにペットボトルをカバン外側に入れる場所もない、カバンがたすき掛けになってしまい毎日弁当を持って行くことを考えるとカバンが斜めになるのは困る、などなど気になる点がたくさんあったのでパスしました。

さらに探してみるとPCスリープ付のMessengerのCommuteというのもあったのだが、これは体の密着面にある黒いラバーの緩衝材部分がカッコ悪くてパス。

こりゃ国内では見つからないなぁと思って本家のサイトを見ていたら同じCommuteの2.0が目に留まり、サイズや見た目、使い勝手などを検討した結果これになりました。

R0015083

サンフランシスコから遠路はるばるビニール袋でやってきたマイバッグ。印刷されてるのはサンフランシスコ市内でTimbuk2の取扱店がマークされています。

R0015084

なんか段ボールにでも包まれてくるのかとおもいきやこの梱包だから、これであの行ったり着たり?の経路を辿ってきたのかと思うと、ちょっとこいつが羨ましかったり。購入したサイズは悩んだ末にSサイズ。カラーは、ballistic nylon steel / ballistic nylon white / ballistic nylon steelです。whiteというほど真っ白じゃないかな。でも意外と良い色。真っ黒というのも考えたんだけど、先に別のメッセンジャーバックを購入した同僚が真っ黒だとかって日記に書いていたのを思い出し、かぶると思ってやめました。

R0015087

R0015091

カバンの表側には色々と小物が収納できるポケットがたくさんついてます。中には鍵などをバックに縫い付けてあるヒモに固定できるような小物もついていたり。シャーペンやボールペンなどをさせるペンホルダーも付いてます。

R0015092

中はこう。見た目以上にデカイです。ここにノートパソコンを収納するわけではないので、お弁当、水筒、手帳、500mlペットボトル、財布、ACアダプタ、iPhoneのケーブルなど入れてもまだ入ります。

R0015096

Macはこっち。カバンの内側(体との接触面側)にファスナーがついていて、そこにPCスリープが付いています。緩衝材も少し入っているようなので、安心してMacBookが持ち運びできます。

これで、カバン本体が$90。送料が50$もかかってしまうけどトータル$140は今のレートで計算すれば13,000円ぐらいでしょうか。国内代理店でCommuteを買うと16,800円+送料525円だから、本家で買った方が安くなるんですね。これも決め手の一つです。

明日からこのカバンで通勤してみますが、今まで普通のスーツ用カバンにMacを入れ、お弁当袋にお弁当、水筒など入れて別々に持ち運んでいた苦労を考えれば、荷物が1つにまとまるのはすごく嬉しい。使い勝手についてはそのうちまた報告致します。

Timbuk2オススメですよー。