未来は君たちの手で作るのだ

未来のことなど誰にも分からないのだ

へレステスト3日目:琢磨は6番手タイム

今年シーズン半ばでSuperAGURIの撤退によりF1のシートを失っていた佐藤琢磨が、スクーデリアトロロッソのテストを受けたようです。来年のシートはまだ確定していないし、トロロッソの代表であのアイルトンセナとともにマクラーレンホンダで戦ったベルガーが代表なので、なんとか琢磨をまたF1の世界に戻してあげてほしいです。

ヘレス合同テスト3日目
1. Sebastian Vettel Red Bull-Renault 1min 18.001secs 37 laps
2. Nick Heidfeld BMW Sauber 1min 18.167secs 70 laps 
3. Lucas di Grassi Renault-Renault 1min 18.999secs 36 laps
4. Pedro de la Rosa McLaren-Mercedes 1min 19.281secs 39 laps
5. Alex Wurz Honda-Honda 1min 19.499secs 79 laps
6. Takuma Sato Toro Rosso-Ferrari 1min 19.574secs 49 laps
7. Kamui Kobayashi Toyota-Toyota 1min 19.863secs 47 laps
8. Kazuki Nakajima Williams-Toyota 1min 21.892secs 60 laps 
Track / weather conditions: Fine during the morning, rain during the afternoon. Maximum track temp. 31°C/ Maximum ambient temp. 24°C.
all times unofficial – courtesy of Renault.

個人的には5番手のホンダは抜いて欲しかったなぁ(笑)
2日目にタイムをだした次期トロロッソドライバー候補のセバスチャン・ブエミより若干良いタイムを出したことと、開発能力などの高さが評価されるといいんだけど・・・。

気になるのはトロロッソのホームページにこのへレステスト以前は全くなかった日本語サイトが急に登場したこと。

Toro Rossoのサイト

突然出てくる当たり、なんか怪しいなぁ。来年度はAチームであるレッドブルレーシングに移ることが決まってるベッテルがシーズン途中でレッドブルレーシングに移って、日本グランプリで琢磨がトロロッソをドライブ!なんてことになると、去年、雨の富士で散々お客に迷惑かけた日本グランプリが面白くなるんだけどな。