未来は君たちの手で作るのだ

未来のことなど誰にも分からないのだ

ソフトボール

久し振りの試合でした。練習をしたのももう1ヶ月以上前だし、最後の試合も数週間前だったのと、梅雨明けした猛烈な晴天の中、体が動くかどうか心配だった。

そしたら、暑さと久し振りの運動にやっぱり体がついていかなくて、試合中の守備はエラーもなく、まあまあこなせたけど、バッティングのほうが全くダメだった。。。。

4打席あってヒットなし、フォアボール1つと内野ゴロが1つと凡フライが2つ。散々な結果だった。

それにしてもよく考えてみると、凡フライの原因ってバッティングのスイングが野球のまんまになっているせいなのかもしれないということに気付くの遅いけど気がついた。特にウインドミルのピッチャーの場合にその影響が出ている気がする。

というのも、ソフトボールのピッチャーって野球のピッチャーよりも数メートル前から投げてくるうえに、投球フォームの違いによりボールの軌道が全く違うんですね。だから、野球のバッティングフォームだとよっぽどスイングが速くないとウインドミルのピッチャーのボールについていけないんです。
きっと僕の場合もそうなんだと思います。バットが遅れてやってくるから、詰まってしまってボールの下を叩いてしまう、それが凡フライの原因の1つでしょう。

なので、次回からはしばらく試合もないので少しバッティングを調整してみようと思います。テイクバックを最初からとっておいて球のスピードに負けないように前で打つ。これができれば少しは凡フライがなくなるかな。