未来は君たちの手で作るのだ

未来のことなど誰にも分からないのだ

フォルクスワーゲン 新型アルテオンを見てきました!

フォルクスワーゲンファンの皆様、お久しぶりです。

先日発表されたばかりのフォルクスワーゲン、フラッグシップモデルのアルテオンを試乗しに、いつものフォルクスワーゲン相模原橋本店へ行ってきました。

 

っと、その前に。アルテオン見る前に見かけた車からご紹介。

まずは、GolfGTI Performance。

f:id:kmfactory:20171105123635j:plain

 

お値段はこのくらい。普通のGTIに同じパーツをつけていくとこっちのほうがかなりお買い得らしいですよ。ただ、Golf R Performanceも併せて限定数完売とかなんとか・・・。

f:id:kmfactory:20171105123641j:plain

 

赤いラインが派手なお目々は当然7.5です。7に比べるとライトAssyの幅も大きくなったし、平たくエッジが効いてるんですよね。

f:id:kmfactory:20171105123649j:plain

 

ホイールは19インチ、タイヤは225/35/19という扁平。キャリパーの赤が目立ちますね。

f:id:kmfactory:20171105123659j:plain

 

内装はこんなです。ナビも新しいモデル。メーターも液晶です。

f:id:kmfactory:20171105123709j:plain

 

シートはGTIらしいハニカム。レッドステッチにアルカンターラっぽいシートがカッコいいですね。

f:id:kmfactory:20171105123732j:plain

 

お尻。マフラーがちょっと太め?もちろんウインカーは流れます。

f:id:kmfactory:20171105123745j:plain

 

 

そして、次はアルテ・・・・・・の前に、ゴルフオールトラック!

これも7.5ベースのやつですね。

f:id:kmfactory:20171105123901j:plain

 

シートにもALLTRACK。

f:id:kmfactory:20171105123915j:plain

 

メーター周りは先程のGTI Performanceと同じ。ハンドルとか違うけどね。

f:id:kmfactory:20171105123924j:plain

 

4MOTIONで、ステーションワゴンでこの価格。いいでじゃないですかぁ。

f:id:kmfactory:20171105123906j:plain

 

 

 

さて、お待たせしました。アルテオンです!

 

 

ドドーン!カッコいい!!

ちなみに、「ARTEON」の由来ですが、「EON」はフォルクスワーゲンのフラッグシップモデルに付く名前らしく、頭の「ART」は芸術。なのでアートな上級車でアルテオン。かっこいい名前です。

f:id:kmfactory:20171105124052j:plain

 

リアビュー全体はこちら。社名がロゴの下にくるだけで、妙に高級車に見えてしまうのは僕だけでしょうか(^_^;) テールランプのデザインも僕好み。レクサスより百倍かっこいいと思います(個人的に)

f:id:kmfactory:20171105124048j:plain

 

 

展示されていた車は、R-Line 4MOTION Advanceというグレードなので、なんと20インチというサイズが装着されていました。しかし、このアルミカッコいいねぇ。

f:id:kmfactory:20171105124114j:plain

 

そして、僕もティグアンに欲しかったアイテムの1つ、「電動パノラマスライディングルーフ」が装着されてました。

f:id:kmfactory:20171105124122j:plain

 

フロントフェンダー周り。ボンネットからフェンダー、ドアとつながるラインが美しいですね。そしてこの新色「パイライトシルバーメタリック」がカッコいい。

f:id:kmfactory:20171105124129j:plain

 

続いてはフロント周りです。どうですか、この迫力。グリルのお陰でワイドに低いプロポーションが美しいですよね。

ただ、1つ残念なのがナンバー横の黒い部分。海外用の横長ナンバーに合わせたデザインなので、日本のナンバーをつけると横があまり、そこが黒く残るというわけです。これはなんとかしてほしかったけれど、日本専用バンパーとかは作らないだろうから仕方ないですね。日本ナンバーの裏に欧州ナンバーをつけるとかすればいいのかな。

f:id:kmfactory:20171105124141j:plain

 

もう少し低めからパシャリ。アルテオンから標準装備になったデイライトもつけてもらいました。くぅカッコいい。

f:id:kmfactory:20171105124203j:plain

 

ライトをよく見てみると、中身のランプユニットはティグアンやパサートの流用な感じがしますね。ただ、デイライトはライトユニットの外側に別パーツとして装着されているのが従来と違うデザインです。デイライトの光はライトユニットの外にあるといったら通じますでしょうか。

f:id:kmfactory:20171105124229j:plain

 

ちなみにティグアンだとこんな感じ。ライト上部にL字に見える棒がデイライトです。ライトユニットの内部にありますよね。

f:id:kmfactory:20170114111231j:plain

 

それからLEDウインカーも綺麗になってました。↑のティグアンは、ツブツブLEDがたくさん並んでる感じですが、アルテオンは綺麗なLEDのラインになってます。

ちなみにフロントは流れませんが、リアのウインカーはゴルフ7.5同様流れます。

f:id:kmfactory:20171105124312j:plain

 

リアのウインカーはこんな感じ。

f:id:kmfactory:20171105124327j:plain

 

フロントから続くプラスラインはリアドアを通ってリアフェンダーリアライトまで繋がります。ティグアンと違って、プレスライン上にドアノブはありませんが、このエッジの効き方はもはやアウディなどの一つ上のクラスの車と遜色ありません。フォルクスワーゲンの技術力の高さを象徴してますね。

f:id:kmfactory:20171105124426j:plain

 

続いて室内です。フロント側。

f:id:kmfactory:20171105124457j:plain

 

メーターはデジタルメータークラスター。メータのデザインがゴルフ、ティグアン、パサート、アルテオン、それぞれ微妙に違います。ティグアンのほうが立体的なデザインらしいです。

f:id:kmfactory:20171105124452j:plain

 

ナビ周り。新しいタッチパネル式のDiscover Pro。全部がタッチパネルなのとボタン型なのと好みが分かれるところ。個人的には運転中に手を伸ばすのであれば、ボタン式のほうが間違いないかなぁと思う気もするけれど、走行中に触るなって気もするし。

f:id:kmfactory:20171105124511j:plain

 

シフトノブ周り。個々だけ見るとパサート。ていうか、室内インパネ周りはほぼパサート。ちょっと残念。もう少しフラッグシップらしいデザインの違いが欲しかったな。

f:id:kmfactory:20171105124515j:plain

 

パノラマスライディングルーフを室内側から。この後の試乗中、ずっと開けて走ってみたけれど、日差しが降り注いで暑かったです(^_^;)

f:id:kmfactory:20171105124606j:plain

 

シートはナパレザーのカーボン柄RLineシート。座り心地は良かったです。

f:id:kmfactory:20171105124502j:plain

 

メルセデスのCみたいに、アンビエントライトが3色変えられるみたい。青と黄色と白だったかな?これはこれでお洒落な感じ。

f:id:kmfactory:20171105124728j:plain

 

そしてアルテオンらしさといえば、5ドアハッチバックからなるこのトランクの広さ。ほぼステーションワゴン並です。左側の凹みも結構攻めてるので、ゴルフバッグ3個はイケルと思います。4個は無理かな。これだけスペースあれば十分ですよね。

f:id:kmfactory:20171105130708j:plain

 

この角度から見ると普通のセダンに見えるのがアルテオンのデザインの素晴らしいところ。他メーカーのよりもぐっとセダンらしいデザインですよね。

f:id:kmfactory:20171105130929j:plain

 

 

10分ほど試乗させていただきました。

ティグアンと違って4MOTIONに2.0Lターボ。中身はゴルフRからの流用とのことですが車重が1.7tもあるので重厚感のある加速をしてくれます。ゴルフ7.5から採用された湿式7速DSGもスムーズだし、排気音もゴルフR譲りでいい音しました。

21インチのサイズからくるゴトゴト感もあるけれど乗り心地は良かったです。リアシートに妻が座ってしましたが、新幹線の一番前の席のように広く、乗り心地も良いと言っていました。

この車格でJC08モード燃費が13km台。街乗りでエアコンOFFで9kmから10kmというところでしょうか。

価格も税込み600万ということで、メルセデスCクラスとかが競合になってるようです。ただ、メルセデスのCクラスもMC前ということで値引きも多そうなのですが、Cクラスに乗ってる人がアルテオンに乗ると、室内の素材の出来はこっちのほうが良いという意見もあったそうです。Cクラスのほうが派手な感じですけどね(^_^;)

 

年齢的には40台半ば以上かなぁという感じもしますが、学生の見学も多いみたいなので、若い世代にもうけているのかもしれないですね!

 

全国的にあまり試乗車もなく、また、販売できる実車もあまりまだ入ってきていないそうですが、フォルクスワーゲンのフラッグシップモデル、アルテオン、とても美しい車です。ぜひお近くのディーラーで試乗してみて下さい。

 

というわけで、フォルクスワーゲン相模原橋本店の敏腕営業N氏!いつもありがとうございます!\(^o^)/

f:id:kmfactory:20171105131313j:plain

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneX買いました! 

昨年の9月にiPhone7のジェットブラックに機種変してまだ1年しか経っていないので、機種変すると月額料金も高くなっちゃうのは百も承知で、iPhoneXを予約して購入しました。

 

予約したのはソフトバンクオンラインで、ちょうど予約開始日にお休みをもらっていたので、16時前からスタンバイして、256GBのシルバーを16:01:32で予約完了。その後も11/3発売日お届けで処理も進み、無事に手元に届きました。

f:id:kmfactory:20171103130324j:plain

 

じゃじゃん!

f:id:kmfactory:20171103130426j:plain

 

シルバー!カッコいい!美しい!カメラの出っ張りはダサいけど・・・。

f:id:kmfactory:20171103130545j:plain

 

iPhone7と比較すると少しだけ大きい。画面はホームボタンがなくなってベゼルレスになったのでかなり大きい。けれどもiPhonePlusのほうが画面自体の大きさは大きい。

f:id:kmfactory:20171105091840j:plain

 

裏面。iPhone7ジェットブラックはアルミニウムボディに塗装してツルテカな感じに仕上げていますが、iPhoneXは8と同じでガラス背面(iPhone4とかとも同じですね)なので、同じツルテカでも高級感があります。

f:id:kmfactory:20171105091858j:plain

 

詳しいレビューとか開封の儀は色々なサイトで公開されていますので割愛。

 

実際に持った感じは、iPhone7と殆ど変わりませんが、バッテリーが増えた分かな?少しだけずっしりと重量感を感じます。ホームボタンがなくなって、下から画面上に向かってスワイプするとホームに戻るというものなので、画面だけを覆うフィルムとかガラスとかは、スワイプする時に指に引っかかるのであんまり気持ちがいいものではないですね。個人的にはその手の画面保護はない方が良い気がします。

側面がステンレスになったので、iPhone3Gみたいな感じがして懐かしいです。あの時はヨドバシカメラに夜中から並んだもんなぁ・・・・。

気になっていたFaceIDも認識率もいいし、速度も速いし、慣れると快適です。ただ、解除する時に画面見なくちゃいけないのはちょっと不便かな。机の上において、指で押し込んでホーム画面がでてた7とかのほうがその点は使いやすいかもしれない。

でもホームボタンはなくても慣れます。すぐ慣れます。

 

6とからなら買い替えはオススメ。7からはiOSも含めてそこまで変わらないので、新しもの好きな人やアップル信者は買い。そうではない人には、8とか8Plusをオススメします。