未来は君たちの手で作るのだ

未来のことなど誰にも分からないのだ

パサート R-Lineを見てきました!

お久しぶりに更新です。

新型ティグアンが納車されてからはや3ヶ月弱。あんまり遠出はできていないですが、近場をちょこちょこを乗ってます。燃費はだいたい10.5〜11.5kmぐらいかなぁ。オーナーさんのお住いの場所によってもだいぶ差は出てくると思いますが、Instagramで他のオーナーさんの話だと15kmとか17kmとかという驚異的な数字も出てきたり・・・。まぁ、SUVだし、仕方ないです。

 

さて、先日野暮用で久しぶりにフォルクスワーゲン相模原橋本店に遊びに行ったところ、旧型ティグアンがたまたま駐車場に止まっていたので、並べて写真を撮ってみました。

 

f:id:kmfactory:20170429093336j:plain

こうやって並べてみると、新型のほうが横幅が長く、平たく見えますね。フロント周りのボリューム感は旧型のほうがあるけれども、ライト周りとかバンパーとかのデザインが新型のほうが凝っていますね。僕は新型のほうが好みです(^_^)

 

その後、ショールームに移動してみると、パサートセダンのR-Lineが展示されていました!

f:id:kmfactory:20170429093837j:plain

 

新型ティグアンもカッコいいんですが、やはりフラッグシップモデルのパサート、カッコいいです。アンバサダーで1か月借りていましたが、ホント、良い車です。

f:id:kmfactory:20170429093842j:plain

 

さて、パサートR-Lineは、デビュー当初は1.4Lエンジンで見た目だけがR-Line仕様という、いわば新型ティグアンと同じ見た暮仕様だったのですが、後々、GTIと同じ2.0Lエンジンを搭載して再デビューしましたね。1.4Lバージョンは球数も少ないそうなので、逆に希少かもしれません。グイグイ走らなければ1.4Lで十分すぎるぐらい走りますからね。

 

f:id:kmfactory:20170429093851j:plain

ホイールは新型ティグアンと同じ19インチ。ホイールのデザインもカッコいいですね。ただ、スポークの中の穴は洗車の時に洗いにくそうだな(^_^;)

 

f:id:kmfactory:20170429093856j:plain

室内に目を移すと、R-Line専用の革シートが装着されています。新型ティグアンのR-Lineのシートは側面が革で、座面はアルカンタラみたいなファブリックなんですよね。それはそれですが、このカーボン調の革シートはカッコいい!!

 

f:id:kmfactory:20170429093947j:plain

もちろんリアシートも同様のデザインです。大人っぽいですねぇ。

 

f:id:kmfactory:20170429093936j:plain

そして、2.0Lエンジン搭載と同時にこのアクティブインフォディスプレイも装着されました。メーターの真ん中にナビが表示されたりして、デジタルモノが好きな人はきっと気に入りますね!

 

f:id:kmfactory:20170429093943j:plain

コンソールもR-Line専用となっています。時計が地味に便利なんですよね。

 

f:id:kmfactory:20170429093957j:plain

セダンなんで後ろはスッキリ。フォルクスワーゲンマークを奥に倒すとトランクが開きます。オートトランク装備です。

 

f:id:kmfactory:20170429094007j:plain

おお・・・。パサートは車幅もあるし、トランク内のスペースもくぼんでいるためか、ゴルフバッグが横積みできるのですね。この感じだと2個はいけるかな?ただ、奥は狭まっているので、奥に横積みは厳しそうですね。

 

 

個人的にはセダンよりもワゴン型のほうが使い勝手もいいし、遠くから見た時のスタイルも好きなので、買うならパサートヴァリアントR-Lineです(^_^)

ゴルフと同じじゃない??と思う人もいるかもしれませんが、フラッグシップモデルらしくワンランク上の上質な室内と静粛性、燃費の良さ、快適な空間を体験すると絶対に欲しくなっちゃいますよ(^_^)

 

f:id:kmfactory:20170429094219j:plain

そんなパサートSUVな新型ティグアン。

 

 

新型ティグアンの実燃費はどのくらい???

みなさんこんにちは。

 

 

皆様のおかげと新型ティグアンのおかげでか、このブログも新型ティグアンプレビューフェエアの記事ぐらいから、アクセス数が以前に比べて3倍ぐらいになりました。

 

f:id:kmfactory:20170204115111j:plain

 

ありがとうございます!

 

 

 

 

さて、新型ティグアンのRラインですが、

 

 

 

カタログ上の燃費は、16.3kmとなっています(JC08モード)

 

 

 

では、実際にどの程度走るのか?実燃費はどの程度なのか???

 

 

 

気になりますよね。

 

 

 

 

1月の下旬に納車されてから、ガソリン満タンに入れるまでに走ったデータでいうと、

 

 

 

 

高速道路が約2割。一般道で信号少なめが4割。一般道信号多め、坂道多めを5割。

 

 

 

ぐらい走った結果がこちらです。

 

 

 

f:id:kmfactory:20170205091128j:plain

納車時にガソリン満タンにして、685.8km走って給油したガソリンが57.96リッターでした。

 

 

割り算すると、実燃費11.8km。

 

 

 

 

実はこれ、予想通りドンピシャの実燃費でした。

 

 

 

以前の愛車、ゴルフヴァリアントもJC08モードは19km台だったけれど、実燃費は約7掛けの12〜13kmだったので、きっとティグアンもそうだろうなぁと思ってたら、やはりその通りでした。

 

 

ただ、高速を法定速度ぐらいでACCをオンにしてのんびり走っていると、メーター読みで16km台の燃費が出てましたので、1.5トン強を1.4リッターのエンジンで走らせていることを考えたら、上出来なのかもしれません。

 

 

その後、再度ガソリンを満タンにして今度は一般道信号多め坂道多めを走ってますが、メーター読みで10.6kmぐらいです。恐らく、今度は11kmは切ってくるかなぁというところ。

 

 

これが、2.0LのTDIとかであれば下道でも12kmぐらい、山道だと15km、高速中心で20kmとか走るそうですが、国内に導入されるときには、プラス4MOTIONも搭載されると思うので、そうなると今の車両価格にプラス30万前後は増えると思うのですよね。

 

 

そうすると、30万前後をペイ出来る人って相当な距離(年間2万キロとか)を走らないといけないという噂も聞きます。

 

 

まぁ色々と書きましたが、ゴルフヴァリアントとそんなに変わらない燃費だし、見た目はカッコいいし、静かだし、音質もいいし、新型ティグアン最高です。